おしらせ

News

レポート

Report

行政の福祉化を進めるにあたっては、障がい者や一人親やホームレスといった一般企業では雇用されにくい人たちの働く場をつくる視点が大切になってきます。営利だけを目的とするのでもなく、福祉的就労(就労継続支援A型・B型事業所、地域活動支援センターなど)でもない「中間的な職場=ソーシャルファーム」が注目されています。ここではさまざまなソーシャルファームの取り組みをレポートします。

  •  株式会社サクセスの主な事業はビルの清掃や保守管理、警備を行うビルメンテナンスです。清掃では、障がい者やホームレス、高齢者、ひとり親家庭の親などさまざまな背景をもった人たちが多く活躍しています。特に障がい者雇用に関しては、15年連続して法定雇用率の5倍の障がい者雇用率を維持しています(2021年現在)。
  • 大代ゼンテックス株式会社の主な事業は清掃管理、警備、設備・環境衛生管理、管理サービス、運営管理です。
  • 株式会社美交工業の主な業務は、ビルメンテナンスと公園管理事業です。公共施設の清掃業を中心に、就職困難者や障がい者が活躍できる環境を整備し、積極的に雇用しています。障がい者雇用のきっかけは2003年に大阪市が障がい者雇用を促進する「エル・チャレンジ」と連携したことでした。現在、従業員177人で、障がい者雇用率は21.85%(2021年11月現在)となっています。このような取り組みが認められた結果、2020年には障がい者雇用に関する優良な中小事業主に対する「もにす認定制度」を大阪で初めて取得しました。

ソーシャル企業認証

現在作成中

Note

  • 多世代で交流できる拠点でひとり親家庭の子育てを応援 団欒長屋 渕上桃子さん vol.2
    on 2022年11月10日

    NPO法人福祉のまちづくり実践機構ではホームレスや障がい者、ひとり親家庭など職につくことが難しい人たちを就労につなげるしくみづくりとして、「行政の福祉化」の発展につながる調査研究に取り組んでいます。このnoteでは、「行政の福祉化」に関わるさまざまな情報をお届けしていきます。豊中市蛍池にある団欒(だんらん)長屋は一軒家をリノベーションしたアットホームな保育所。子どもを真ん中にした多世代交流の拠点をめざして作られました。現在は乳幼児保育、学童保育を軸に、公益事業としてこども食堂や夕食付き無料学習支援事業なども行っています。シングルマザーで子育てをしてきた経験から、こんな場所があったらいいなという思いを事業化してきた代表の渕上桃子さんにお話をお伺いしました。前回は団欒長屋を始めるまでのことについて代表の渕上桃子さんにお伺いしてきました。今回はいかに地域に溶け込んできたかや地元の方との交流についてと、コロナ禍での活動についてお伺いします。・・・団欒(だんらん)長屋続きをみる

  • 多世代で交流できる拠点でひとり親家庭の子育てを応援 団欒長屋 渕上桃子さん vol.1
    on 2022年10月25日

    NPO法人福祉のまちづくり実践機構ではホームレスや障がい者、ひとり親家庭など職につくことが難しい人たちを就労につなげるしくみづくりとして、「行政の福祉化」の発展につながる調査研究に取り組んでいます。このnoteでは、「行政の福祉化」に関わるさまざまな情報をお届けしていきます。豊中市蛍池にある団欒(だんらん)長屋は一軒家をリノベーションしたアットホームな保育所。子どもを真ん中にした多世代交流の拠点をめざして作られました。現在は乳幼児保育、学童保育を軸に、公益事業としてこども食堂や夕食付き無料学習支援事業なども行っています。シングルマザーで子育てをしてきた経験から、こんな場所があったらいいなという思いを事業化してきた代表の渕上桃子さんにお話をお伺いしました。1回目は団欒長屋を始めたきっかけについてです。・・・団欒(だんらん)長屋続きをみる

  • 誰もが暮らせる地域づくりを 南大阪自立支援センター 石野英司さんインタビュー vol.3
    on 2022年10月11日

    NPO法人福祉のまちづくり実践機構ではホームレスや障がい者、ひとり親家庭など職につくことが難しい人たちを就労につなげるしくみづくりとして、「行政の福祉化」の発展につながる調査研究に取り組んでいます。このnoteでは、「行政の福祉化」に関わるさまざまな情報をお届けしていきます。堺市の株式会社い志乃商会では50年以上前からおしぼりやリネンの事業を中心に障がい者雇用を続けてきました。2013年には営利企業のい志乃商会だけではなく、NPO法人南大阪自立支援センターを設立し、ともにーしょうりんじ(A型・B型事業所)やどりぃむワーク(B型事業所)でリネン業を中心にすえた、福祉的就労の場もつくり出しています。また、刑務所から出所してきた人(刑余者)や罪を犯した障がい者(触法障がい者)の社会復帰や生活支援にも取り組むなど、誰もが暮らせる地域づくりもすすめています。代表の石野英司さんにお話をお伺いしました。前回は刑務所を出た方(刑余者)の社会復帰について、石野さんがどのような支援を行っているかについてお伺いしました。今回は住まい方や働き方の上でどんな支援が必要かお伺いします。・・・株式会社い志乃商会NPO法人南大阪自立支援センター続きをみる

  • 誰もが暮らせる地域づくりを 南大阪自立支援センター 石野英司さんインタビュー vol.2
    on 2022年10月5日

    NPO法人福祉のまちづくり実践機構ではホームレスや障がい者、ひとり親家庭など職につくことが難しい人たちを就労につなげるしくみづくりとして、「行政の福祉化」の発展につながる調査研究に取り組んでいます。このnoteでは、「行政の福祉化」に関わるさまざまな情報をお届けしていきます。堺市の株式会社い志乃商会では50年以上前からおしぼりやリネンの事業を中心に障がい者雇用を続けてきました。2013年には営利企業のい志乃商会だけではなく、NPO法人南大阪自立支援センターを設立し、ともにーしょうりんじ(A型・B型事業所)やどりぃむワーク(B型事業所)でリネン業を中心にすえた、福祉的就労の場もつくり出しています。また、刑務所から出所してきた人(刑余者)や罪を犯した障がい者(触法障がい者)の社会復帰や生活支援にも取り組むなど、誰もが暮らせる地域づくりもすすめています。代表の石野英司さんにお話をお伺いしました。前回は株式会社い志乃商会が障がい者雇用を始め、NPOを立ち上げるきっかけについてのお話でした。今回は刑務所を出た方(刑余者)の社会復帰について、石野さんがどのような支援を行っているかについてお伺いします。・・・株式会社い志乃商会NPO法人南大阪自立支援センター続きをみる

  • 誰もが暮らせる地域づくりを 南大阪自立支援センター 石野英司さんインタビュー vol.1
    on 2022年9月30日

    NPO法人福祉のまちづくり実践機構ではホームレスや障がい者、ひとり親家庭など職につくことが難しい人たちを就労につなげるしくみづくりとして、「行政の福祉化」の発展につながる調査研究に取り組んでいます。このnoteでは、「行政の福祉化」に関わるさまざまな情報をお届けしていきます。堺市の株式会社い志乃商会では50年以上前からおしぼりやリネンの事業を中心に障がい者雇用を続けてきました。2013年には営利企業のい志乃商会だけではなく、NPO法人南大阪自立支援センターを設立し、ともにーしょうりんじ(A型・B型事業所)やどりぃむワーク(B型事業所)でリネン業を中心にすえた、福祉的就労の場もつくり出しています。また、刑務所から出所してきた人(刑余者)や罪を犯した障がい者(触法障がい者)の社会復帰や生活支援にも取り組むなど、誰もが暮らせる地域づくりもすすめています。代表の石野英司さんにお話をお伺いしました。1回目は株式会社い志乃商会が障がい者雇用を始めるきっかけについてのお話です。・・・株式会社い志乃商会NPO法人南大阪自立支援センター続きをみる